正しい薄毛治療をしよう!発毛剤と育毛剤、養毛剤の違いとは?

みなさんは、養毛剤というものをご存知でしょうか?薄毛を治療するための育毛剤にも色々あってややこしいですよね。しかしそれを把握しておかないと、正しく薄毛治療が行えない可能性もあります。

「本当に効き目のある育毛剤を使いたい」
「本気で薄毛を治療したい」

そのような方が大半でしょう。そこで当記事では、発毛剤、育毛剤、養毛剤の特徴や違いについてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いとは?

薄毛治療の方法
発毛剤には、文字通り髪を生やす効果があります。たとえばプロペシア。

プロペシアには男性ホルモンが脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ働きがあり、服用することでヘアサイクルが正常化し、徐々に髪の毛が増えてきます。

また、ミノキシジルも発毛剤成分として有名ですね。ミノキシジルは血管拡張薬として使用されていたのですが、後に発毛効果のあることがわかり、発毛剤に用いられるようになりました。ミノキシジルが含まれている育毛剤は、かの有名な「リアップ」ですね。

プロペシアは薄毛治療薬として、専門のクリニックなどで処方されています。

医薬部外品の育毛剤は「育毛」するだけ

育毛剤と発毛剤が一緒にされていることも多いですが、この二つは明確に違います。

世にある育毛剤のほとんどは、「医薬部外品」に当たります。たとえばチャップアップやブブカなどはすべて医薬部外品の育毛剤です。

医薬部外品の育毛剤には、確かに頭皮に良い成分が含まれているのですが、発毛効果はありません。

これらの育毛剤はものすごく宣伝の仕方が上手なので、それを見ているといかにも毛が生えてきそうな感じですが、「発毛」とはたぶんどこにも書かれていないと思います。

医薬部外品の育毛剤が発毛効果を謳うのは、薬機法違反に当たりますからね。つまり医薬部外品の育毛剤は、頭皮環境を良くするのには効果的なのですが、髪を生やすために使うのは間違いであるということです。

【関連】チャップアップは効果ある?

養毛剤はもっと育毛効果が弱い

養毛剤というのは、育毛剤よりももっと育毛効果が低いです。いわば化粧品のようなもので、頭皮のかゆみやフケを抑えたりする効果を持ちます。

頭皮ケアは薄毛の予防にはいいのですが、やはり発毛効果がないので、薄毛の治療には使えません。

正しい薄毛治療まとめ


以上、発毛剤、育毛剤、養毛剤についてお伝えしました。薄毛を本格的に治療するなら発毛剤を使わないとダメです。

育毛剤や養毛剤は薄毛の予防にはなりますが、発毛効果はありませんので、あくまで頭皮ケアのためのものとお考えください。