間違って使うと大変なことに!?副作用の種類と副作用の有無について

みなさんは育毛剤にも種類があることをご存知ですか?それを知らずに育毛剤に手を出すと、副作用によって、今よりもさらに頭皮の状態が悪くなってしまうかもしれません。

「どの育毛剤を使えばいいのかわからない」
「副作用が心配」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、育毛剤の種類と副作用の有無についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

育毛剤には種類は?副作用があるのはどんな育毛剤?

育毛剤の副作用

医薬品と医薬部外品があります

育毛剤は、医薬品と、医薬部外品の二種類があります。

医薬品とは、プロペシアやパントガール、ミノキシジルなど、発毛、育毛効果が医学的に認められた成分の配合された「お薬」です。したがって育毛剤というよりは「薄毛治療薬」と言ったほうが正確かもしれません。

プロペシアやパントがアールは錠剤を服用することで、ミノキシジルは頭部に振りかけることで発毛及び育毛を促進します。これらの医薬品の育毛剤は、薬剤師や医師からでないと購入することはできません。

これに対して、医薬部外品の育毛剤には、医学的に効果の認められた発毛成分は含まれていません。

薄毛を治療するというよりも、頭皮環境を改善して薄毛を予防するものだと考えたほうがよいでしょう。いわぱサプリメントのようなものです。

ですから、すでに薄毛に悩んでいる方は、医薬部外品の育毛剤を使うのではなく、医薬品の育毛剤を使用するのがベストです。

副作用があるのは医薬品の育毛剤

副作用があるのは、医薬品の育毛剤です。たとえば「リアップ」の主成分として知られているミノキシジルには、痒みや湿疹といった副作用があります。

しかし人によってはまったく出ない、あるいは気にならないということもありますから、体との相性の問題とも言えそうです。最近のリアップシリーズは、メントールなどを配合して、この痒みを抑える工夫がなされています。

私も使用したことがありますが、それほど気にはならなかったですね。ただし、今現在ハゲていない方がこれを使用すると、頭皮環境を無用に悪化させてしまう恐れがありますから、ご注意ください。

プロペシアやパントガールにも、副作用のリスクはあります。が、そこまでひどい副作用の出る人というのは、ごく一部でしょう。お医者さんと相談し、指示に従っていれば、大丈夫です。

医薬部外品の育毛剤には副作用はありません

医薬部外品の育毛剤には、基本的には副作用はないとお考えください。たとえば女性なら、ある化粧品が「肌に合わない」ということがあると思いますが、医薬部外品の育毛剤をつけて肌荒れ等が起こったら、それは「肌に合わなかった」だけで、副作用ではないのです。

その育毛剤に危険な成分が混じっていたという可能性もありますが……日本にそのような危険な商品はそれほど多くは出回っていないと思います。

事前にその品の評判等をしっかりチェックすれば、おかしな商品を購入してしまうことはないでしょう。

育毛剤の副作用まとめ

以上、育毛剤の種類と副作用の有無についてご紹介いたしました。

すでに薄毛に悩まされている人は医薬品の育毛剤を、今のところはハゲていないけれど将来ハゲるのを防ぎたいという方は医薬部外品の育毛剤を、それぞれ使用されるとよいでしょう。